日曜日, 7月 08, 2018

「リズムで脳を刺激せよ」

先日のNHKの「試してガッテン」でスポーツマンとして興味ある番組を放映していた。
「リズムで脳を刺激せよ」と。
ハンマー投げの室伏選手が、大きな声で叫びながら投てきしている姿を見てきた。あんなに声を出しては力が抜けてしまうのではないかと心配していた。少し大げさすぎるのではないか。
卓球の試合会場で大きな声をだしながらプレーをする人がいる。私もマナー違反かもしれないが、つい大声をあげながらプレーをしてしまう。
この番組を見て、実は運動中の声には大切な意味があることを発見した。
大きな声を出すことによって「耳から小脳へ」直接情報を伝えることができるというのである。通常だと耳から大脳を経由して小脳へ伝わり、各組織に伝わる。大脳を経由すると「遠くに飛ばしたい」「あの人に勝ちたい」などの邪念が入ってしまい、無駄な力が入ったり、フォームに乱れが生じたりする。いわゆる無心の境地でプレーすることができるようになるというのだ。
「耳から小脳へ」「小脳をリズムで動かす」ということが大切であると。
ゴルフでは「スー(上にスイング)ガアアー(ダウンスイング)」と大きな声を出しながらスイングすることによって飛距離をのばすことができる。
跳び箱が跳べない子は「タッタッタッタ トッ ヒュッ」と言って跳ぶ。
ちなみにSの音は素早い動きの時に使う。ガアの音は力を一気に出すときに使う。
それぞれ運動に合った音が必要であるとのことだ。長嶋監督は音を使ってバットを振るアドバイスの名人だったそうだ。卓球でも「トトン」のリズムでフリックをしていくなどのアドバイスがある。私はドライブが苦手なので音でドライブをかけていく工夫をしたいと考えている。
私は新日本スポーツ連盟機関誌「スポーツのひろば」の愛読者である。そこには必ず、全てのスポーツにつながる論文が掲載されているからである。
『どんなときに筋肉痛になるのか』『コーディネーショントレーニング(どうしてあの選手はできてこの選手はできないのか)』『スポーツ選手なら知っておきたい「みる」のこと(遠山の目付け)』などなど。
たくさんのスポーツ選手が「スポーツのひろば」を購読することを期待している。

大房岬自然公園ウォーキング

IMG_20180617_090027

CIMG1666-1CIMG1665-1CIMG1675-1CIMG1673-1

金曜日, 6月 01, 2018

養老渓谷・大福山ウォーキング

5月25日(金)好天。参加者9名。車2台に分乗して8時半出発。10時養老渓谷駅到着。大福山山頂を目指してウォCIMG1620-2ーキング。今回は往復10キロメートルなので2台の車でエスコートしながら歩きました。

夏日なのにさわやかな風に吹かれてのウォーキングでした。

道々、ウツギ(卯の花)もみじを楽しみながらの散策です。地元の人たちとのおしゃべりも楽しいひと時です。

「だいふくさんへはあと一時間半かかりますよ。頑張ってください。」「何を育てているんですか。」「百日草ですよ。」平和な時間が緩やかに過ぎていく感じです。

登り4.5キロメートル。ついに展望台に到着。房総の山々を見ながら昼食。頑張って歩き切った建部さんには浅沼さんからプレゼントが贈呈されました。CIMG1628-2

帰りは車の予定でしたが、下りも歩くということで元気に歩いて下山。時間の関係で途中で車で帰路ということになりました。

思う存分、森林浴を楽しんだウォーキングでした。

6月は「南房総市・大房岬自然公園ウォーキング」です。皆さんも一緒に房総の自然を満喫してみませんか。

木曜日, 5月 03, 2018

東金・雄蛇が池ウォーキング

好天の中、参加者11名で車3台に分乗して出発。 今月の昼食メニューは「草団子」「おにぎり」「みそしる」午後は「東金・雄蛇が池散策」

木漏れ日の里に着くとさっそくヨモギ摘み。ヨモギは宍倉さんが草刈で残してくださっていました。摘みたてのヨモギを湯がいて包丁できざみます。団子の生地に混ぜて丸めます。更に湯がいて、きな粉やあんこをまぶして食べました。

草団子作りは初体験とゆうこともあり、試行錯誤で作り上げました。ヨモギの香りいっぱいのお団子に春の味覚を堪能しました。

お腹いっぱいになったところで、東金市「雄蛇が池」に出発。

雄蛇ヶ池は、慶長9年(1604年)時の代官・島田伊伯が水下10ヶ村を干害から救うため作った一大用水池です。周辺約4.5km、面積25haの湖岸線が複雑に入り込んだ池です。形が十和田湖に似ているので「房総の十和田湖」とも呼ばれています。自然の中で釣りを楽しむ人々に親しまれています。ブラックバス、フナなどのほか多数の魚がおり、素晴らしい眺望を満喫しながら美しい池での魚釣りは人々の憩いの空間となっています。また、桜の名所としても知られ、手軽なハイキングコースとしても有名です。

雄蛇が池を半分ウオーキングしたところで元気な人6人はさらに「関東ふれあい道路」を2キロ散策しました。

CIMG1541-1

CIMG1544-1